基礎に入ったクラックは欠陥の兆しか

住宅を見学に行く際、注意深く見なければいけない点は多々あります。
内覧会と言っても中身を見るだけでなく、建物の周りをぐるぐる回って基礎を確認することは重要です。
なぜならそこに欠陥の兆しであるひび割れがあるかもしれないからですね。
中古ならまだしも、新築の基礎にひび割れなどあるはずがないと考えるかもしれませんが、実は細いヘアークラックというものはあります。
巾0.3mm未満、深さ4mm未満のものは構造には影響がないと言われていて、コンクリートの収縮時にある程度は起こる現象です。
ヘアークラックもあまりに数が多い場合は問題ですが、規模の大きい構造クラックは欠陥の兆しとも言われるもの。
これは国土交通省の定めで、大きなひび割れは本格的な補修が必要だとされています。
建売住宅に関わらず注文住宅も同様に、チェックしに行く時にはクラックスケールという専用の物差しを買って持って行くといいでしょう。
外壁のひびはシロアリなど害虫の侵入経路にもなりますので、絶対に見逃さないことが大切です。