家の購入方法で支払い金額が変わる理由

建売住宅の購入方法には2つあり、不動産会社の仲介を頼むと3%+6万円の仲介手数料が発生するのが一般的です。
家は高額な買い物ですから、3%というのはかなり高い数字。
例えば3000万円なら96万円という高額な支払いが手数料として発生することになります。
請求されてからびっくりするのはイヤですから、事前にこの部分はチェックしておきたいところ。
というのも、中には仲介手数料無料という不動産会社や、かなり割り引いてくれる不動産会社もあるからです。
また、ハウスメーカーからダイレクトに購入する際には、こうした手数料はかかりません。
建売住宅をたくさん直販しているところでないとなかなかありませんが、どうしても手数料は避けたい場合にはそうした選択肢もあります。
ただ、ハウスメーカーが格安で直販している家の中には、家本体しか用意がなく、カーテンレール一つ付いていない場合もあります。
ハウスメーカーのオプションで欲しいものを一通り揃えたら、結局仲介手数料くらいの出費になってしまったということのないようにしたいですね。